PayPal支払い(ペイパル支払い)でのクレジットカード払い・銀行決済とは?

PayPal (ペイパル) 決済に関して、詳しくご説明申し上げます。
PayPalは世界で2億2700万人以上が利用している「決済サービス」です。
アメリカにて1998年から始まりましたが、今では当たり前とも言える「キャッシュレス決済」の先駆け的存在として、世界200国で使われており、常にインターネット決済業界をリードしているのが、ペイパルです。
世界22通貨に自動対応していますので、日本国外にお住いの方でも、日本語が理解できれば大丈夫です。
イギリスの方もご入会賜っております。

PayPalを経由したお支払い方法は「クレジットカード払い」と「下記の銀行口座決済」にて、相手先に支払いができると言うものです。

クレジットカードでは、国際ブランドがついたデビットカード(Visaデビットなど)や、クレジットカード会社のプレペイドカードでもご利用頂けます。
ただし、プリペイドカードを使用した場合には「残りの残高」にご注意願います。

PayPal最大の特徴と致しましては、個人情報の保護と、カード番号の保護にあります。
通常、お店や、オンラインショップで、買い物などをする場合には、直接、クレジットカードの番号を登録したりします。
しかし、PayPalでは、送金の相手にクレジットカードや銀行口座の情報は、伝わりません。
すなわち、協会側は、皆様のカード番号を、知ることができません。
そのため、お支払いされる皆様は、安心して、決済手続きを行って頂ける方法になっています。

なお、ペイパルでのお支払い方法の登録は、クレジットカード以外に一部の銀行も可能です。
日本の場合、銀行口座(みずほ銀行・三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・りそな銀行)に、銀行口座をお持ちであれば、カードではなく、銀行口座からの引き落としもできます。
銀行口座からお支払い頂くには、事前にペイパル・アカウントを作り、口座振替設定を行ったあとに、決済手続きする必要があります。

ペイパルにて支払いができるのは、日本ですと、全日空(ANA)、ジェットスターなどの航空会社、ヤマダ電機のオンラインショップなどでも、ご利用頂けます。

日本人は約200万人がPayPalを利用していると言います。
万が一、操作が不明であっても、日本語でサポートも受けられますので、安心です。

PayPal(ペイパル)を見てみる